創業100年超の老舗セラミックスメーカー!さや・こう鉢、セッター、軽量セッターの工業用セラミックスブランド『WILLPOWER/ウィルパワー』が未来技術の進化を支える!
  • テスト品(無料)依頼
  • さや・こう鉢無料診断
  • お問い合わせ
さや・こう鉢、セッター、軽量セッターのセラミックスブランドメーカー

社長ブログ

2019年2月27日 セラミックス専門家 江尻

「いつも同じ場所が割れる①」の原因を解明する!

お客様から「いつも同じ場所が割れるので、見てほしい」と言われました。
さやの真ん中の上からヒビが入るそうです。
割れたサヤを触ってみますとまだしっかり強度もあり、劣化は見られません。 よく観察してみましたが、反応による変形もありません。こういう場合はヒートショック(急冷した時に発生する、収縮応力による割れ)の可能性が高いです。

ヒートショックの割れ対策としては、さやの材質を熱膨張率の低い材質に代える必要があります。弊社のさやですと熱膨張率としては、0.1~0.6%(常温→1000℃の場合)ありますので、なるべく熱膨張率が低い材質を選ぶことです。 0.5%→0.2%の材質に変更したところ、割れは止まりました。
生産量を多くするためには、生産サイクルを短くしたいところですが、それに適した材質を選択しないと消耗が早くなります。 同じ場所が割れるということは、原因があります。

心あたりのある方は、プロにご相談ください!